您的当前位置:首 页 >> 信息中心

日本留学签证退税,日本留学_日本购物退税出新招!护照终于要告别订书机了

发布日期:2021-07-24 00:11:20 作者: 点击:

大家去日本旅游的时候一定有过在免税店购物的经历,那么日本免税店购物退税的流程是怎样的呢?

基本的には、1店舗で同一日に購入した物品の合計金額が5000円(税抜、以下すべて税抜き)以上で免税になる。

基本上在同一天在同一家店购物达5000日元(此金额为不含税金额,折合人民币约292元)以上就可以享受免税。

店舗によって、免税手続きの方法は2種類ある。

退税方法有两种,不同的店铺退税方法也可能不同。

(A)購入時にパスポートを提示し、最初から消費税を差し引いた金額で支払う。

(A)购买时出示护照,一开始就支付扣除消费税之后的金额。

(B)いったん消費税込みで品物を購入した後、同日中に所定の免税手続一括カウンターに行き、購入品、レシート、パスポートを提示して払い戻してもらう。

(B)先购买包含消费税的商品,在购买当天到商场办理免税手续的柜台,出示购买的商品、发票、护照即可办理退税。

具体步骤

1)パスポート等を提示

購入者本人のパスポート(コピーは不可)を提示する。氏名・国籍・生年月日・在留資格・入境年月日・パスポート番号の確認を受ける。

1)出示护照等

出示购买者本人护照(不可使用复印件)。店家会确认购买人的名字、国籍、出生日期、在留资格、入境时间和护照号码。

2)購入記録票の作成

2)制作购买记录单

購入品情報を記載した「輸出免税物品購入記録票」を購入店舗で作成してもらい、それをパスポート(査証欄)に貼付する。出国時に税関が回収するため、取り外さないように注意。

店铺会打印记载有商品信息的出口免税品购买记录单,并将记录单贴在护照某一页上。出国时海关会回收记录单,请不要自行取下。

3)購入者誓約書に署名

3)购买者在承诺书上签名

以下の項目を約束する誓約書にサインする。・一般物品は国外に持ち出すこと・消耗品は使用せず、購入から30日以内に国外に持ち出すこと・出国時に不携帯の場合、消費税の追徴を受けること

承诺书上有以下几项:一般物品会带出国、消耗品不在国内拆封并在30天以内带出国、出国时如果被发现没有携带免税单则需要补税。

4)精算・商品の引渡し

4)结账和商品的交接

(A)の場合はここで税抜きの販売金額を支払い、商品をもらう。(B)の場合は消費税相当額の返金を受ける。返品交換などで免税に必要な最低購入金額を下回った場合は、すべての商品に対して免税が取り消されるため、消費税を支払う。

(A)的情况下顾客当场付免税的价格并拿到商品。(B)的情况下顾客会拿到与消费税同等的现金。如果因为退货、换货等购买金额低于最低购买金额,则全部商品都不能免税。

5)購入記録票を提出

5)出示购买记录单

税関の係員がパスポートと購入した免税物品を確認。パスポートに添付された「購入記録票」が回収される。なお、免税で購入した商品は原則、本人が携帯して出国しなければならない。

海关工作人员会通过护照确认购买的商品。护照上贴的购买记录单会被回收。免税购买的商品原则上必须由本人携带出国。

6)出国

6)出国

税関を通過したら免税手続きは完了。

过海关之后免税手续就全部结束了。

但是,去过别的国家的小伙伴应该知道,很多国家是在机场或者回国退税,像日本这种店内退税的情况其实很少见。

日本の免税制度は、出国前の物品の販売段階で免税手続を一義的に完結させるという国際的に類を見ないガラパゴス方式なのです。この日本の方式を「免税方式」といいます。

日本的免税制度采用了出国前在商品贩卖阶段就将免税手续全部完成的方式,这与国际上通用的不一样,是日本选择的最适应本国情况的方式。这种日本式做法叫“免税方法”。

一方で、ヨーロッパ諸国等(※)では、出国時に税関の確認を受け、出国後に還付を受ける方式を採用しています。ヨーロッパ等の方式を「還付方式」といいます。

而在欧洲国家,海关会在出国时确认税额待出国后再返还给购买人。欧洲式做法叫“返还方法”。

注:在欧洲有机场当场现金退税(会收取手续费)、回国信用卡退税、支票退税三种退税方式

这样看来日本的退税制度是真的很方便,但是在方便之中也有一些烦人的工序,比如在护照上粘贴购买证明单。

购买证明单往往会用订书机钉在护照上,像这样 ↓

为什么会用订书机呢?理由据说是这样 ↓

購入記録票はホチキス留めでの貼付とされていますが、現実的には税関でのはがしやすさの観点からホチキス留めが適切です。

购买记录单会用订书机钉上,这是因为用订书机钉的话海关比较容易撕下来。

但使用订书针往往会留下很多针孔,在不同的页面钉会导致护照很多空白页被留下痕迹,如果你买的东西很多护照更是会变得“惨不忍睹”。

在这种情况下,我们可以给店员提出在同一页面钉,或者可以问问能不能用胶带。用日语可以这样说 ↓

同(おな)じページでお願(ねが)いします。

请帮我钉在同一面。

テープでお願(ねが)いできますか?

请问可以用胶带粘贴吗?

不过,值得高兴的是日本拟在2020年实现免税贩卖手续的电子化。

2020年4月1日开始,废除现行的纸质贩卖手续(将购买记录单贴在护照上、按免税章等),免税贩卖手续全面电子化。

本文由沪江日语翻译整理,未经授权禁止转载。

相关阅读:日本人在日本可以享受免税吗?